オペラマスター
HOME > オペラマスター > 手術管理システム > 手術手順書機能
手術手順書機能

手術手順書機能は、電子媒体で情報を集約することによって、手術における看護の知識の共有と整理・管理をするツールです。

手術における看護の現場では、手術の流れに合わせ、いつどこで何をどうするかなどの多くの知識を習得する必要があり、「膨大な情報量を紙面上でまとめなければならない」「手術の情報を共有しづらい」「追加や修正の情報を反映しづらい」「教育にまとまった時間がとれない」という問題点がありました。

教育の充実と情報の共有をメインとした5つの機能

手術手順書機能では、資料整理の負担が軽減されるだけではなく、写真や動画による視覚的な情報を資料化し、
共有することもできます。また、資料の更新や管理、教育課程の記録や分析も容易になります。

業務の効率化、手順の可視化、教育の充実、そして看護師の負担軽減など、多くの利点を医療現場に提供します。

各製品のお問合せは最寄の営業所(組織リンク)までお願いします