オペラマスター
HOME > オペラマスター > 手術管理システム > ME機器管理機能
ME機器管理機能

ME機器管理機能は「手術管理システム」の一機能として、ME機器の活用や保守に関する情報を自動的に集積・分析し、経営に役立てることを目的として開発されました。

専用RFIDタグによって院内の医療機器の稼働状況や位置を記録します。また集められた情報は「手術管理システム」の専用サーバーに集積され、各種レポートを作成することが可能になります。

ME機器管理機能では、ME機器の使用状況や配置箇所を常時モニタリングすることで院内にある数百台の機器の状況を管理・把握し、戦略的な経営を推進します。

ME機器の安全管理向上、戦略的な投資計画を実現。
稼働管理 〜設備投資の判断に〜

・計画管理
機器の使用状況と手術情報をリアルタイムに表示・把握できます。

・稼働状況
機器の電流値を専用RFIDタグで計測し、事前に設定した条件によりON・OFFを判断します。
電流測定によって稼働状況を正確に測定する事ができます。

・位置状況
専用RFIDタグを使用し、機器の現在地を把握することができます。

情報管理 〜安全管理の強化に〜

・統計・分析
稼働時間/保守管理機能を蓄積し、機器の総合的な情報を統計/分析することができます。

・レポート
保守分析/機器稼働分析の分類で16種類の定型レポートをグラフ・一覧表等でアウトプットできます。
また、レポートをカスタマイズして追加保存いただくことも可能です。

・目標差異
機器毎にコード/分類/メーカー/シリアル番号/資産管理No/購入費の情報を登録/確認/編集ができます。

保守管理 〜保守業務の省力化〜

・機器情報
機器毎にコード/分類/メーカー/シリアル番号/資産管理No/購入費の情報を登録/確認/編集ができます。

・保守スケジュール
カレンダー機能で点検・処理予定・実績の確認ができます。
また、専用RFIDタグを使用し、実際の機器稼働時間に応じて点検計画を設定いただくことも可能です。

・修理・故障
機器毎にコード/分類/メーカー/シリアル番号/資産管理No/購入費の情報を登録/確認/編集ができます。

各製品のお問合せは最寄の営業所(組織リンク)までお願いします